きゃりーぱみゅぱみゅファッション講座 TOP > 実践編 > 小顔術

小顔術

きゃりーぱみゅぱみゅがなぜ、あの個性的な髪型やファッション、そしてメイクが似合うのか、そのポイントは小顔にあります。

きゃりーぱみゅぱみゅは、一般的に顔が小さいほうなのです。

ですから、まつげをつけるだけで目は大きく見えますし、頬骨にピンク系のチークを入れても、違和感がありません。

顔の大きい方が、そのままの状態できゃりーぱみゅぱみゅのメイクをしても、目は大きく見えませんし、頬骨にピンクのチークを入れるメイクをすれば、違和感が出てしまうでしょう。

ですから、きゃりーぱみゅぱみゅになりたいと考えるなら、まずは小顔になれる方法を覚える必要があります。

小顔術としては、ファンデーションの2色使いをオススメします。

自分の肌の色と同じ色のファンデーションと、それよりもワントーンからツートーン濃いブラウン系のファンデーションを用意して使うのです。

使い方ですが、まずは顔全体に明るいファンデーションを塗ります。

そして、フェイスラインに沿って、濃いブラウン系のファンデーションを塗るのです。

すると自然な陰影ができ、小顔になることができます。

「ブラウンのチークを使えば済むことじゃないの?」と考える方もいるでしょう。

しかし、きゃりーぱみゅぱみゅのメイクのポイントはピンク系のチークにあり、ピンク系のチークとブラウンの2色のチークを一遍に顔に塗ると、違和感が出てしまいます。

チークの2色使いは避けたほうが無難なので、ファンデーションの2色使いで乗り切ってください。